キッチン周りの知恵

日常で一番役に立つ情報というと毎日行う家事に関することではないでしょうか?

syufu-ok

 

例えば魚を切って生臭くなったまな板の匂い消しに、

使い終えた後の茶葉を乾燥させたものを振りかけておくというようなことや、

 

 

キッチンシンクの排水に古くなったストッキングを広げておくと水だけが落ちていき、

小さなゴミはストッキングの上に止まるので排水口の上に詰まることがないというようなことです。

 

ですが、そんな中で役に立つのが器に入った液だれさせないための技です。

 

例えば茶碗で溶いた生卵を鍋に投入するとします。

すると茶碗の裏に溶き卵がどうしても垂れてしまいます。

 

それを防ぐには、茶碗をそのまま傾けた方向にクルリと一回転させると茶碗の外側に垂れることがないのです。

 

 

毎日家族のための料理を作っていると溶き卵だけでなく、様々な液状のものを作ることがよくあります。

 

 

そんなときには茶碗をクルリと一回転させることがすでにクセとなっています。

 

 

ちょっとしたことではありますが、これをするのとしないのでは大違いで液だれがかなり時間の短縮になっています。

 

私はかれこれ五年以上このテクニックを使っているのですが、液が垂れてキッチンに汚れがつくというのを防ぐとかなりのストレス軽減になります。

Comments are closed.