文字を打つことが多いなら、メカニカルキーボード

私は約2年ほど前から、オウルテック社製のメカニカルキーボードの青軸モデルを使用しています。

 

keyboard

 

普段仕事で使っているのはノーマルモデルですが、先日そのLED付きモデルを新しい職場用に買い足してしまいました。

 

このキーボードの魅力は、キーの軸に青軸を採用しているところでしょう。

メカニカルキーボードには何色も軸があります。

 

 

青軸というのはカシャカシャという大きな音が鳴る他、キータッチが非常に軽いという特徴を持っています。

 

 

久々に父のキーボードを使ってみたところ、体感では私が普段青軸を叩くのに使っている力の5倍近くを要したような気がしました。

 

 

恐らくそれが一般的なキーボードなのでしょうが、10000字を軽く超えるような仕事をしていると手の疲労を非常に感じます。

 

 

それが青軸なら指を滑らせるようにして入力ができるので、さらさらと作業を進めることができますしキーを押すことによって指が疲れてしまうということもありません。

 

 

入力を手早くできるので作業時間も短縮することができますし、キーを押す度にカシャカシャ音がするので打鍵感も抜群です。

 

 

人の好みもありますが、私の場合は青軸キーボードを使ったら他のキーボードには浮気できそうにありません。

普段から仕事にゲームにキーボードをハードユースしているので、私の生活必需品の一つになっています。

Comments are closed.