引越しを安くする交渉方法

引越し料金に定価は無いと言われますが実にその通りで、各社バラバラの提示額になります。

他業者を比較した時には良い線を行く(近い価格)になることもありますが、これだけ料金が変わる理由には各家庭における引越しの形が得意である場合とそうでない場合、または、引越し予定が詰まっている、安く運ぶ輸送ルートが無いなどがあげられます。

それだけ異なる料金を相場に近づけるためには、まず複数の見積もりが必要となります。

複数の見積もりを取ると、
何としてでも契約が欲しい業者としては、即決価格を提示し、消費者に「うん」と言わせる価格を示してきます。

ですが、この料金では納得せず、他業者の見積もりを見てから決めるという対応が必要になります。

こちらがやるべき事は今決めるという事では無く、各社が提示した最安価格です。
その価格を元にして次の業者へと移ります。見積もりは大手~中堅、軽貨物業者、引越事業を行っている運送業者を含めることがベストです。

もしも、その業者の中で口コミなどを参考にし、好条件やサービスなどで依頼することを決めている業者がある場合には、一番最後に見積もりを出してもらう事を強く推奨します。

それより先の業者の最安価格より下げないことには契約が取れないことは営業も分かっているので、下げざるを得ません。
無理であれば、素直に断られるだけ、またはそれに近い提示額が出されるので試すべきことになります。

ちなみにですが、あまり安くなりすぎて不安になっても、営業とスタッフは別なので問題ありません。(※零細は除く)
ただし、作業人員を削減してまで安くするのはお勧めではありません。

  • 作業人員の目安
  • 単身:1人から2人
  • 2人:2人から3人
  • 3人以上:3人以上

が必要になります。(実際には荷物の大きさや量、個別の重さによって変動します。)

最安価格が出そろい、まださらに安くするには業者の都合に合わせて引越しを行うの方法もあります。

たとえば日時だけの指定で時間の指定をしないフリー便(アートの引越しプランにあり)や皆で引っ越し費用を出しあい、多くの荷物をまとめて同じ目的地に運ぶご一緒便(サカイの引越しにプランあり)、自力では難しい物だけを運ぶ家具だけプラン(ダック引越しにプランあり)といった業者側の条件をのむ代わりに料金を安くする方法があります。

もしも、費用削減のために家具だけの運搬の依頼を検討しているのであれば、引越し家具.jpをチェックして下さい。

現在では多くの業者が引越しに参入しているため、見積もりを取って価格からサービスまで良く調べない事には言い値だけを支払ってしまう事になりますので、各社の競争を見たうえで、対応の良い業者を選ぶことが求められます

Comments are closed.